売掛債権を現金化できる

売掛債権を現金化できる

売掛債権を現金化できる 企業と企業との間で行われるサービスの提供や商品の販売といった取引においては、一般的にその代金の支払いは後払いというかたちで後日支払われることになっています。
つまり、サービスの提供や商品の販売を行った側の企業は代金が支払われるまでしばらくの間、待たなくてはなりません。
もちろん、売掛債権となっている代金の支払いが数ヶ月後であったとしても金銭的に余裕がある企業であれば特に問題が生じてしまうことはないのですが、あまり資金に余裕がない企業の場合には代金の支払いが数ヶ月後になってしまうことでキャッシュフローの悪化を招いてしまうおそれがあります。
そのようなときに企業が資金を調達する方法のひとつとして、ファクタリングがあります。
ファクタリングとは自社が持っている売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうことで現金を手にできる資金調達法となっていますが、この方法では金融機関の融資に頼らずに自力で資金を調達できるメリットとなっています。

ファクタリング取引なら金欠に緊急対応できる

ファクタリング取引なら金欠に緊急対応できる 中小企業は資金繰りが悪化してしまうケースが多いのが現実で、そんなときに重宝するのがファクタリング取引です。
売掛金を売却して現金を得るという方法であり、ローンには該当しないのが強みです。融資総額が増えてくると金融機関からの信用度が低下してきて、追加融資を受けられなくなる可能性があります。
また融資には必ず申込者自身の審査があり、希望額に対して信用力が負けていると借りることができません。
借入できないときに役立つのがファクタリング取引で、売掛金を早めに現金化することができます。取引先からの入金が数ヵ月後という場合、それまで待てないという状況になることはあります。そんなときにファクタリングを活用すれば、即日~5日間くらいで現金を調達できるのです。
しかもファクタリングは売掛先の信用力が審査の要になりますので、申込者が多額の債務を抱えている状態でも利用できます。債務整理をして信用力が低下していても、現金調達できる可能性があるのです。

新着情報

◎2019/12/9

売掛債権を現金化できる
の情報を更新しました。

◎2019/9/25

安心して利用できるサービス
の情報を更新しました。

◎2019/7/22

資金繰りをする時に役立つ知識
の情報を更新しました。

◎2019/4/19

ファクタリングの種類
の情報を更新しました。

◎2019/3/4

ファクタリングの仕組み
の情報を更新しました。

◎2019/2/8

サイト公開しました

「売掛」
に関連するツイート
Twitter