ファクタリングサービスの詳細をまとめています

このサイトでは今話題の「ファクタリングサービス」に関するさまざまな情報を紹介しています。
具体的に掲載されている内容としては、聞いたことがある人は多いもののその詳細をご存知でない方も多いであろうそのサービスがそもそもどのようなものなのかの基本的な情報はもちろん、利用時のメリットや類似サービスとしてはどんなものがあるか、どのような仕組み採用しておりどんな種類のものがあるかなど多岐にわたります。
ぜひその特徴を理解するのに役立てていただけたらと思います。

ファクタリングサービスについて

ファクタリングサービスについて 「ファクタリング」は、売掛債権を入金前に譲渡して資金化する資金調達方法のことを意味する言葉です。
ただそう言われてその意味がぴんと来る方は少数だと思います。
「ファクタリング」の意味を理解するうえでは理解が必要な「売掛債権」というのは商品の納品やサービスの提供が完了していて請求済みであるにも関わらずその支払いが実行されていない債権を指し示す言葉です。
つまり、その「売掛債権」を第三者である専門会社が買い取るという取引をしている点がその最大の特徴です。
それゆえに金融機関に融資を断られてしまったとしても「ファクタリング」であれば利用できる可能性があります。
担保がなくても利用できるのでぜひ参考にしてみてください。

ファクタリングの特徴と利用する場合に注意しなければならないこと

ファクタリングの特徴と利用する場合に注意しなければならないこと ファクタリングはキャッシュフローを改善するために非常に有効な手段として多くの企業に用いられています。
日本の商習慣では売掛がよく行われており、商品やサービスを先に納入し売買契約にしたがって代金を一定の期間経過後に支払う仕組みとなっていることが多いのですが、代金が支払われるまでの間は現金が入金されないため、その間に支払い等が発生する場合にはこの支払いを行うために現金が足りなくなってしまうことも少なくありません。
これを回避するために一時的に売買契約に基づいた商品の代金の支払いの根拠となる売上債権を金融機関等に売却し、手数料を差し引いた現金を手に入れることができるのがファクタリングの概要です。
ファクタリングを利用すると売買契約に基づいた現金の入金よりも早く現金を手にすることができるため、これで支払い等を行うことができるのがメリットとなっていますが、その特徴として手数料が差し引かれてしまうため本来1日に入金される代金の金額に比べて手に入れることができる金額が少なくなってしまうと言う点があり、最終的な利益が圧迫されてしまうことに注意をしなければなりません。
加えて予定よりも早く現金が入金されることにより、その後のキャッシュフローが悪化する恐れもあるためこれに対する対策も十分に講じておくことが重要です。

安心して利用できるサービス

ファクタリングは売掛債権を現金化するサービスで、数ヵ月後待たないとならない債権が、すぐに現金化できる利便性があります。企業は会社の経営上常に運転資金が必要で、販売・サービスを行なった会社には、すぐにでも売掛金を請求、現金を入手したいところなのですが、契約上数ヶ月後の入金となることが多いのです。
そのこともあって金融機関などに融資を申し込むことが多いのですが、事情により断られることもあります。そこで既に販売し、数ヵ月後に販売先から入金される予定の売掛債権を買取る会社がファクタリング会社で、売掛金を代わって請求することになります。
このサービスは、売掛債権を買取る際は手数料がかかりますが、実際に販売したりサービスが完了し、請求書などの記録や会社の登記簿謄本などの書類があれば最小限の審査で現金化できるので、安心して利用できるシステムです。またファクタリングサービスを利用すると、銀行などの金融機関や取引会社に知られることが少ないので安心で、融資の際にも有利に働くのです。
このサービスは近年、従業員の給料支払いでも行なわれることがあり、既に働き、給料日より前に給与をもらいたいと考える従業員のニーズに応えたものです。既に働いた分の給与をファクタリング会社が代わって支払い、その分を勤務先の会社に請求するというもので、福利厚生の一環として導入している企業も少なくありません。

安全に活用するためのポイント

ファクタリングを安全に活用するためのポイントに、売掛先の理解があります。売掛先の承認を得て利用する3社間で行えば、時間はかかりますが手数料を抑えられます。
しかし、日本では売掛債権の利用に十分な理解がされておらず、経営難になっていると誤解されると事業の健全化のために取引から外されることがあるので注意が必要です。このリスクを回避するため、手数料の高い2社間のファクタリングが主流になっています。また、悪質な会社もあるため、利用先の検討も重要です。例えば2社間の手数料の相場は10~30%であるため、これを超過するものは避けましょう。妥当な理由もなく相場を下回る場合にも、追加で費用を請求されることがあるので注意します。支払い期限も融資とは異なり短くなっているため、慢性的な資金不足や長期間で返済する設備投資には適していません。ファクタリングはその都度手数料が発生するので、何度も利用すると利益を圧迫します。そのため、つなぎ融資などで利用すると安全です。

売掛債権を現金化できる

企業と企業との間で行われるサービスの提供や商品の販売といった取引においては、一般的にその代金の支払いは後払いというかたちで後日支払われることになっています。
つまり、サービスの提供や商品の販売を行った側の企業は代金が支払われるまでしばらくの間、待たなくてはなりません。
もちろん、売掛債権となっている代金の支払いが数ヶ月後であったとしても金銭的に余裕がある企業であれば特に問題が生じてしまうことはないのですが、あまり資金に余裕がない企業の場合には代金の支払いが数ヶ月後になってしまうことでキャッシュフローの悪化を招いてしまうおそれがあります。
そのようなときに企業が資金を調達する方法のひとつとして、ファクタリングがあります。
ファクタリングとは自社が持っている売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうことで現金を手にできる資金調達法となっていますが、この方法では金融機関の融資に頼らずに自力で資金を調達できるメリットとなっています。

ファクタリング取引で金欠回避

中小企業は資金繰りが悪化してしまうケースが多いのが現実で、そんなときに重宝するのがファクタリング取引です。
売掛金を売却して現金を得るという方法であり、ローンには該当しないのが強みです。融資総額が増えてくると金融機関からの信用度が低下してきて、追加融資を受けられなくなる可能性があります。
また融資には必ず申込者自身の審査があり、希望額に対して信用力が負けていると借りることができません。
借入できないときに役立つのがファクタリング取引で、売掛金を早めに現金化することができます。取引先からの入金が数ヵ月後という場合、それまで待てないという状況になることはあります。そんなときにファクタリングを活用すれば、即日~5日間くらいで現金を調達できるのです。
しかもファクタリングは売掛先の信用力が審査の要になりますので、申込者が多額の債務を抱えている状態でも利用できます。債務整理をして信用力が低下していても、現金調達できる可能性があるのです。

方式によって生じる違いと特徴

ファクタリングにはそのスキームが誕生した際から構築されている2社間に拠る方法と、2社間の取引で生じる弱点やリスクを抑える目的で使われるようになった3社間に拠る方法があります。
両者の比較ですが、2社間ファクタリングの場合には取引先となる事業者を自社の裁量で選べると共に、売掛先への売却通知が不要である事から任意の利用が行い易いという特徴を持ちます。一方で、買取を受け入れるか否かに関しては取引先の裁量権が強くなり、取引先においては買取債権が孕むリスクを事実上一手に引き受ける形となります。故に審査は厳しくなる傾向にあり、手数料が高めになる傾向が見られます。
3社間ファクタリングの場合には、法的に債権譲渡となる手続きを経る事から、売掛先への通知が必須です。その為、同意を得られない状況では活用出来ない上に、手続きも若干煩雑になります。ですが介在する事業者が増える事が取引上の信頼に繋がる上に、金融機関を介在させる事も出来るので、手数料の金額や取引先が被るリスクについては低くなる傾向が見られるのが特徴です。

新着情報

◎2021/8/26

情報を追加しました。

> 安心して利用できるサービス
> 安全に活用するためのポイント
> 売掛債権を現金化できる
> ファクタリング取引で金欠回避
> 方式によって生じる違いと特徴

◎2021/7/15

サイト公開しました